ボイストレーニングってどんなことするの?- 東京都豊島区池袋、練馬区(板橋区)小竹向原の音楽教室 ピアノ ボーカル バイオリン ビオラ クラリネット フルート オーボエ トランペット ホルン サックス 作曲 指揮 楽典 ソルフェージュ レッスン

東京都豊島区池袋音楽教室 レインミュージックスクール お問い合わせ 会員ページ 無料体験レッスン申込
コラム一覧

ホーム > コラム一覧 > ボイストレーニングってどんなことするの?

  • ボイストレーニングってどんなことするの?

本日はボイストレーニングの流れを、ご紹介していきたいと思います♪


良いレッスンとは何でしょうか。
それはやはりシンプルに、『楽しくレッスン♪しっかり上達♪』これにつきると思います。
楽しくレッスンを重ね、具体的なテクニックの習得や、オリジナルの表現方法を目指します。


まずは『今日の声』を聞かせていただきます。

声は生ものですので、生徒さまの体調や、メンタル面も含めてのコンディションによって、その日のレッスンアプローチが微妙に変わってきます。
『今日の声』を聞かせていただき、まず最初に生徒さまの状態を見極めます。


そして次に、どんな歌を歌うにも基本となる、呼吸法の練習です。
声の元というか、材料は『息』ですので、声作りや歌の練習に呼吸法はかかせません。
呼吸のコントロールは、声のコントロールにつながります。
そして、自分の呼吸を深く感じていると、レッスンへの集中も高まります。
私が教えている呼吸法は、イタリアで勉強してきたもので、クラッシックのベルカント唱法が基本となっています。


「必要な筋肉は、しっかり使えているかな?」


そして発声練習。呼吸法でウォーミングアップした身体で、本格的に声を出していきます。
生徒さまのそれぞれの課題に合わせた発声練習を行います。
例えば、高い声が苦手な生徒さまには、高い音を出すテクニックをシンプルな音型、そして低い音域で実践していただき、身体の使い方をしっかりとご自分の身体で味わっていただきます。
そして少しづつ高い音で実践していく。音域を広げていく。
どうして高い音が出ないのかを生徒さまにフィードバックする。
なぜ高い音が出ないかをご自分の身体ではっきり感じていただくと、解決方法がみつかり、高い音を出せるようになるのですね。
楽しみながら『挑戦してみよう!』というお気持ちが大切です。


そしてその後、発声練習で行ったことを生かして、練習曲や生徒さまご希望の曲を歌います♪
思い切り声を出せるように、呼吸法、発声練習とここまで準備してきたので、生徒さまも自分の身体を感じながら、気持ちよく声を出します。


このような流れでレッスンを行っております。
生徒さまは、良い声、綺麗な声、自分の目指している声が出ると、本当に気持ちよさそうです。
中には汗だくになって、レッスンを終えられる生徒さまもいます。
それだけ身体を使って歌えたということですね♪


大きな声で歌うって気持ちがいい!!
歌う事は、本能の一つだと思います。
皆さま、どうぞ気軽な気持ちで、声を出しに来てみてください。
『楽しくレッスン♪しっかり上達♪』このモットーを大切に、精一杯レッスンさせていただきます♪


※講師により、レッスン内容に多少の違いがございます。

2011/12/04
ボーカル講師:杉浦 あゆこ

大人から始める楽器レッスン
こどもの楽器レッスン
各種試験対策
オーディション対策
1曲マスター
アクセス便利!池袋東口から徒歩1分
割引キャンペーン
バイオリン・ビオラレンタル
教室レッスン風景
コラム一覧
コンサート・イベント情報
講師ブログ
Twitterボタン
Facebookボタン
各種フォームのご案内
体験レッスンお申し込み
各種申請
その他