TEACHER

講師紹介

伊藤 美香

伊藤 美香 ITO HARUKA

伊藤 美香

伊藤 美香 ITO HARUKA

池袋教室

言葉では表現出来ない気持ちを音で表現出来るのが音楽です。

言葉では表現出来ない気持ちを音で表現出来るのが音楽です。
やってみたいなと思ったら、まずは楽器に触れてみて欲しいと思います。
そうすると思いの外、身近な楽器なのかも?と思うかもしれません。
一緒に音楽することを楽しみましょう!きっと心に潤いが生まれてくると思います。



:講師プロフィール
北鎌倉女子学園高等学校音楽科ヴァイオリン専攻を卒業し、ヴィオラ専攻として東京音楽大学に入学。同大学院修士課程に給費特待生として入学し、在学中に特待生奨学金を得て、修士課程修了。くらしき作陽大学音楽学部研究生修了後、くらしき作陽大学音楽学部非常勤講師を務め、現在、尚美学園大学オーケストラ演奏員、日本人の作品を専門に演奏するオーケストラ・トリプティークの団長を務める。在学中から新作初演に積極的に取り組み、特に日本人作曲家の作品に力を入れる。2008年、別宮貞雄の《ヴィオラ協奏曲》を井上道義指揮によるオーケストラ・アンサンブル金沢と共演。2013年、水戸博之指揮によるオーケストラ・トリプティークの定期公演にて、西村朗の《ヴィオラ協奏曲》を演奏した際、好評を得る。2014年の同楽団の定期公演にて水野修孝の《ヴィオラ協奏曲》の初演も務め、この2作品はライブCDとしてスリーシェルズから発売された。2017年、第24回「四人組とその仲間たち」演奏会にて、西村朗の《無伴奏ヴィオラ・ソナタ第3番"キメラ"》を初演。2019年、NHK-FM「リサイタル・パッシオ」、東京オペラシティ文化財団主催リサイタルシリーズ「B→C」に出演。これまでにヴィオラを兎束俊之、室内楽を河合訓子、浦川宜也、ドミトリー・フェイギン、ヴァイオリンを鈴木稔、田尻かをり、大谷康子の各氏に師事。

講師インタビュー

ヴァイオリン、ヴィオラの魅力について教えて下さい。

なんと言っても音色が美しいところが魅力的ですね。弦楽器の響きや倍音は、とても綺麗です。

また、楽器から出る音の振動が体に伝わって来るので、楽器と一体となって音楽しているような感覚が、とても楽しいです。

そして、合奏曲なども沢山あるので、音楽を通して人と繋がれる瞬間は、本当に魅力的だと思います。

ヴィオラレッスン

ヴァイオリンを始めたきっかけは?

姉がやっていたので、つられて習うようになりました。今でも姉妹で演奏することもあり、とても楽しいです。

好きな、オススメの演奏家、音楽家は誰ですか?

ヨーゼフ・ハシッド

セルゲイ・ハチャトゥリアン
ライナー・モーク

サンソン・フランソワ

講師一覧に戻る

無料体験レッスンお申し込み 無料体験レッスンお申し込み